辞め癖は悪いこと?自分の意思なら辞めてよし!

会社やめる

20回くらい転職しているうめだ(@umedayukari)です。わたしは高校卒業後すぐ就職しました。

本当はデザイン学校に行きたかったんだけどね〜親に「あんたは飽き性やから行っても無駄」と言われ

あっさりと諦めてしまいました。

初めての就職活動

高校3年生になって就職活動が始りました。

それまでバイトはしたことがあったけど、ちゃんとした就職活動はこれが初めて。

学校に置いてある分厚い求人書類の中から選ぶんですが

当時のわたしは全く分かってなかったので

「おもしろそう」という理由でゲーム機本体を作っている工場に就職しました。

仕事はおもしろいが納得はいかない

その工場での仕事はおもしろかったです。

ゲーム機のコントローラーボタンがちゃんと動作するかの検査をしていたのですが

ボタンを押すと流れるスーパーマリオの効果音で確認

最後に画面の色がちゃんと表示されているかのテストで

中山美穂(だったと思う)の笑顔が七色に変化していくのです。

この時にBGMも流れるんですが、オルゴール調の「星に願いを」なんです。

めっちゃ眠くなる!!w

そんな睡魔と戦いながらも素早く検品できるように無駄な動きを減らして…がんばっていました。

そこの工場では1日の検品数がわかるのですが、数日でパートさんの3倍の検品ができるようになりました。

しかしです!

ここでつまらないことに気付いてしまったのです!

あれ?わたしこの人たちの3倍働いてるのにお給料は一緒だな?と。

そしたら急にやる気がなくなって、欠勤をするようになってしまいました。

当時のわたしは辞め方がわかってなかったのか、すごく適当だったように思います。

この頃の記憶はあまり無く、1ヶ月以上休んだのちに出社して、辞める旨を伝えた気がします。

休んだ間の保険料を支払ったのは覚えています。

それから「辞めるときはすぐ言おう」って思いました。

嫌になったら辞めよう!

ここにいてもメリットないなって気付いて

さらに面白くもなくなったら辞めてもいいと思います。

我慢して働いて得るものがあるなら続けてもいいかもしれないけど

お給料にも仕事内容にも人間関係にも納得いかないのなら辞めちゃっていいんじゃないかな。

わたしの転職グセは結構早いうちからあったみたいです。

この後もじゃんじゃん転職して面白そうな仕事をいっぱい経験しました。

でも大して身になってない気がするので

せめてブログのネタにでもしていこうと思います。

会社やめる