オール100均で作る!ケージ周りの防寒対策

07E53523-AB17-4C1A-8509-5AE973819EC5

ケージの防寒を安価で作る

安い!簡単!をコンセプトにケージの周りの防寒を100均のアイテムで作ってみました。

これならかじられても気兼ねなく交換できるし、交換も簡単!

というわけで早速作り方を説明していきます!

材料

なんと材料の写真が行方不明という事態におちいり、文字だけの説明ですみません。

全部seriaで揃えました。

  • 断熱レジャーシート×1枚
  • 断熱ビニールカーテン×1枚
  • PP板×4枚(透明だと光が入って良い感じ)

作り方

  1. 断熱レジャーシートを半分に切る
  2. ケージ2つ分を囲うようにテープなどで固定する
  3. その上にPP板を乗せる(少し重ねながら)
  4. PP板の上から防寒ビニールカーテンをかぶせる
作り方

防寒ビニールカーテンをつけていない状態のケージです。

PP板は乗せてるだけ。

ケージの防寒

 

ケージの中から見た感じです。透明のPP板が売り切れていたのでクリアラインというのを購入したのですが、透明の方が光が入って明るくなるので、透明の方が良かったですね。

ケージの中から見た感じ

 

PP板はどうせかじられるので、袋に入れたまま置いています。断熱レジャーシートから熱が漏れないようにPP板でしっかり上部をふさぎます。(乗せてるだけだけど…)

PP板は少し重ねて置く

100均アイテムで作るメリット

以前は市販の防寒シートを使っていたのですが、かじられてボロボロになってしまいました。

脂粉もついてすぐ白くなるし、でも買い換えるには高いし…

100均で作ればかじられた部分だけ買い換えられるし、お財布にもやさしい!

そんな訳で作ってみました。

といっても、一ヶ所切っただけであとは貼って乗せただけですけども(´∀`;)

見栄えを気にしないならこれで十分保温できます!

手前の防寒カーテンを下に持ってくるほどに保温効果はアップしますが、出入り口を開けづらくなるのでそこは改善が必要かも💦

わたしの場合サイドは緩く磁石で止めて、オカメインコを出す時でも出入り口が開けるようにしています。

すでにかじられてボロボロになってきてる。

下半分開いてる状態でも奥の止まり木付近の温度は20℃くらいあります。

うちではちょっと低めの温度管理ですので、もっと保温したい場合は完全に下まで覆ってください。

作るのめんどくせー!って方は市販のビニールカバーが最強です!

 

07E53523-AB17-4C1A-8509-5AE973819EC5