16時間断食やってみたら眠れるようになった話

16時間断食

こんにちはうめだ(@umedayukari)です。

8月から無職生活を満喫。

有給消化も含めて7月中旬からステイホームを満喫しております。

そんな生活をしていると、昼夜逆転現象が起きて何もやる気が出ないし体調も悪いし体重2Kgも増えてしまいました!

このままではいかん!と筋トレを始めてみたり、ウォーキングをしてみたり…と色々試すもいまいち効果を感じず、9月ごろまでもやもやと過ごしました。

16時間断食

16時間とは、文字通り1日16時間断食することです。8時間ダイエットとも呼ばれますね。

以前にも8時間ダイエットはチャレンジしていたんですが、あの時はバカバカ食べていたのであまり効果を得られませんでした。

16時間断食のやり方

わたしが現在行っている16時間断食のやり方は以下のような感じです。

  • 10時〜18時の間は何を食べてもOK
  • 朝は野菜ジュースコップ1杯と鉄分ドリンクのみ
  • 昼は食べたり食べなかったり。
  • 16時間はお茶や水など飲み物のみOK(ジュースはNG)

現在は間食にナッツや果物を食べるようにしています。

16時間断食を始めてから変わったこと

まず16時間断食を始めてからすぐに変化が出たのが睡眠でした。

それまでは寝付けない、睡眠時間が短いなどの悩みがあり、眠たくなったら寝る方法にしてみたら一気に昼夜逆転してしまいました。

「一日中家の中でじっとしてるから眠れないんじゃない?」と言われ、それもそうだなって思っていました。

しかーし!16時間断食を始めてからなんの苦労もなく8時間睡眠できるようになったんです。

しかも朝は8時前後に勝手に目が覚める。

すばらしい…すばらしすぎる…今までで一番の悩みだった睡眠があっさりと改善されました。

16時間断食を始める前の9月前半(上段画像)と

始めてからの9月後半(下段画像)の変化がすごくわかりやすいと思うのでこちらのデータで見てください。

9月前半 9月後半

1〜17日までが始める前、18日から16時間断食スタートしました。

16時間断食チャレンジ前について

前半は昼寝のつもりがそのまま寝てしまったり、結局一睡もできずデータに残さなかったりしていました。

午前中に起きるというのは意識していたのでなんとか午前中には起きれています。

でも睡眠に関しては寝付けなかったり寝るのを諦めていたりしたのでかなり深夜に就寝しています。

16時間断食チャレンジ中について

最初の方は就寝が遅かったですが、23日以降はほぼ0時前に就寝できているのがわかるかと思います。

30日は「このことをデータ出して記事にする」って言ってたので緊張したのか早く目が覚めてしまいました笑

でも次の日はしっかり眠れたのでOKです。

これからも16時間断食は続ける

元々はダイエットのつもりで始めた16時間断食ですが、結果的に睡眠が改善されたおかげで生活リズムがかなり整いました。

ちなみに間食OKにしてた時は体重に変化はなかったですが、夜1食だけにしてみたり、間食をやめたら1週間で1,5Kg減りました。

16時間断食以外にも運動や瞑想なども取り入れて更に良い生活に整えて行きたいと思います!

 

16時間断食