[乗馬61鞍目]初めて知った正反動のやり方

天

前回は駈歩レッスンでダイナミックな駈歩を少し楽しめましたが、今回はわたしの苦手な馬場。

前回の初級馬場からめちゃくちゃ間が空いてしまった…。ほぼ1ヶ月ぶりの初級馬場です。

相方馬 天

天

1ヶ月前に予約していた専用馬の天ちゃんにようやく乗れましたよ!

もうね~天ちゃん、馬房から出てくれなくって!牧草食べるのに必死!

無口させてくれなくて、近くに…いえ、少し離れた洗い場にいたメンバーさんが心配して来てくださって無口をしてくれました。

なんでーなんでー!?乗馬レベル高い人にはシュって顔上げて大人しく言うこときくの不思議!

わたしもいつか…そうなりたい!

そして馬装して、頭絡を付ける時は口を開けてくれなくてハミをかんでくれない…。

これまた近くにいたメンバーさんが助けてくださって…ってわたしいつもそんなのばっかり!

初級馬場レッスン

いつもは馬に乗った日にブログ記事を書くんだけど、今回は遅くなりました。

サボっちゃったなーって思ってたけど実はもっと深刻な理由かもしれません。

教えてもらったことがまだ理解できず頭が追いついていないのです。

理解できてないと説明できないから記事にしづらかったんですね。

じゃあこの記事を書いてる今は理解できたのか?と聞かれても答えはNOのままです。

しかしせっかく教えてもらった事をそのままにしておくとわたしの頭は消去データとして取り扱いそうなので

記事にしてせめて「こういうことを教えてもらった」という履歴だけでも残しておきたい所存ですw

正反動

 

正反動の姿勢

  • 上体をゆーっくりと後ろ(背もたれにもたれかかっているような体勢)から前のめりに移動させてみる。そうすると途中で鐙(あぶみ)に体重がかかる瞬間がある。その時が正反動の正しい上体の位置。
  • 正反動をしている時は上体は動かさない。定位置で地蔵のようにしているほうが馬は走りやすい

 

ということらしい。

はて?鐙に体重がかかる瞬間って、めっちゃ前傾姿勢に感じるんだけどこれでいいんだろうか?

先生
すごく前のめりに感じるでしょー?でも見てる分にはそんなに前傾姿勢になってないんですよ

 

ほうほう、これで良いらしい。

正反動をしてみると・・・

上体のバランスが非常に難しい。今まで見よう見まねでやってたナンチャッテ正反動とは全然違った!

お尻が擦れて痛いというのも理解できた。なるほど、これは痛い笑

振動を抑えようとして足に力をいれると鐙の上に立っちゃうし、足の力を抜くと擦れて痛いし。

坐骨で座るとかなり、かな~~り猫背風味に感じる。

おおお…!?これはどれが正しいの!?どれがっていうのも違う気がする、全く乗り方がわからんぞこれ!

というわけで初回の正反動は全く理解できないままでした。

天ちゃんだったから速歩(はやあし)継続してくれてたけど、これ重い馬だったら絶対歩いてる。

そして正反動すると背筋を使うようで、次の日から背中が筋肉痛です!今日もまだ少し痛い。

でも久々の筋肉痛!嬉しい~(痩せる気がするから)

次回は駈歩です!こっちも少しは上達していかないと…!走るの好きだけど上達はしてないよな~w

 

次の乗馬日記はこちら

[乗馬62鞍目]目標、駈歩で一周!

2016.11.03
★乗馬に興味を持った方はホーストレッキング・外乗はネットでも予約できますので、チェックしてみてくださいね。

天