[乗馬27鞍目]速歩の出し方と隅角通過で内に入ってしまう時の誘導のやり方

taduna

前回のモヤモヤを晴らすのを課題に本日乗ってきました!うめだ(@umedayukari)です。

ベーシックAと馬場っぽいレッスン

わたし以外にレッスン受ける人がいなかったので、ラッキーマンツーマンでのレッスンでした!

しかもずっとわたしのレッスンを見てくれてる先生なので、質問しまくりました!

正直に、速歩の出し方がわからなくなったことも伝えました。

相方はナイト

ナイト

今日の相方はナイトです。

9鞍目の時に1回乗ったことあるんだけどレコードブックには「いいかんじ」としか書かれてなくて、どういいかんじなんだよ!!と過去の自分にツッコミ入れたくなりました。

もっと詳しく書いておこう…。

カメラ向けたらめっちゃ食いつきよくて、どうしようかと。

カメラ向けた途端めっちゃ寄ってくるナイト

今日は馬装も自分で…と言いたいトコロですが、またまた先生が手伝ってくれました。順番とか何回やってもほんと忘れる。

速歩の出し方

部班だと”いいかんじ”のナイトも、一人だとわたしの力で歩度(スピード)を上げていかないといけません。

最初は手綱を張らず、楽にした状態で常歩をさせました。これを自由常歩(じゆうなみあし)というそうです。

こうすることで、馬がやる気を出したり、こっちの指示を聞いてくれやすくなったりするそうな。

しかしわたしがやっても全く元気な常歩になってくれず…の~んびり、ゆ~っくり~なナイト。

その後も速歩もなかなか出せずに今日のレッスン常歩で終わるんじゃないかと不安になり先生にヘルプ!

うう…9鞍目の時はすんなり速歩出せたのに。やっぱり部班だったからかー!わたしの実力じゃなかったのねー!!

うめだ
速歩の出し方がわかりません!
先生
お腹を後ろから前に押し出すようにぐい~って押してみて!

ぐい~ってやっても、歩度上がらず…。

先生が足を手で持って「こんな感じ」ってやってくれたんだけど、かなり力入れて押すの!?わたしそんな力入れれないカモ。

先生
ナイトの口から中身出す感じで!!

スゴイ例え!(笑)

でもわかりやすい!マヨネーズのチューブを絞る感じで足をぐい~ってするのね。

それでもイマイチなナイト。先生が長鞭を貸してくれました。

しかし鞭入れても全く素知らぬ顔。

先生
ナイトはムチで打つよりも、ムチが見えた方が効果があるから、大きくふりかぶって鞭を見せるといいよ

鞭をふーわふーわ、ブーンブーンって見せると、歩度上がった!脚も入れつつ、鞭ふーわふーわで速歩出た!(笑)

速歩が出たと思ったのもつかの間、あるポイントに来るとつまづいて常歩に戻ってしまう。

あれ?なんかデジャヴ!

前回のイーストと同じワザやんけー!

つまずいたフリをして歩く

「まだ速歩で消耗してるの?バレずにサボれる3つの方法」っていうテキストが出回ってるに違いない。

馬が内に寄らないようにする

それでも1回速歩を継続できたらやる気が出てきたのかつまずき戦法の回数も減って、後半はよく速歩してくれました。

今回は馬場っぽいレッスンにしてくれたので、外ラチと内ラチの間が広くなってて、外ラチに沿って走らせなければいけません。

これは今回の課題でもあったので、がんばりましたよー!もちろん先生に質問しました。

先生
馬が内側に入ってくる時は、内側の手綱で壁を作って、内側の脚で押し出します。

 

taduna

これやってみたら内に入らなくなってきました!

巻乗りの練習

その後ラチを小さくしたのを作って巻乗りの練習をしました。

最初は速歩でって言ってたんだけど、つまずき戦法が復活したので常歩での練習となりました。

makinori

この場合は内に入ってくるのを防止する時の誘導の逆で、外側の手綱を張って壁を作り、内側の手綱で馬の顔を内側に向けて外側の脚で圧迫します。

最初の3周は上手く誘導できなくて通常の蹄跡辿っちゃった。

先生
もっと強く手綱で誘導して!

 

なんとか強引に巻乗りモドキに成功!

余談ですが、前回のぐだぐだ馬場の時の相方ピースは誘導難しさNo1だそうです。手前変換とかも思い通りにするのは難しいとのこと。

だからぐだぐだも仕方ないとは言わないけど、まあ難しいよね、と。

先生
どんどん馬場で乗ってください!

 

どうやらわたしのようなレベルでも馬場で練習していった方がいいみたい。最初はみんなこんななんですか?って聞いたら、YESの答えだったので気にせず馬場取って行きます。

いつかピースも乗りこなせるようになってみせる!

次の乗馬日記はこちら

[乗馬28鞍目]馬場レッスンでピースにリベンジ!正反動をやりました

2016.06.04
★乗馬に興味を持った方はホーストレッキング・外乗はネットでも予約できますので、チェックしてみてくださいね。

taduna