[乗馬55鞍目]初めての初級馬場。トラウマの内ラチ無しの馬場に挑む!

043-uchikubi

この日を楽しみにしていました。うめだ(@umedayukari)です。

前回は駈歩レッスン。そして今回のレッスンは…初の初級馬場レッスンです!!

専用馬の変更

前々回で初級馬場に誘われた時に乗る馬を指名したんです。(専用馬という)

でも朝に先生から電話がかかってきて

 

先生

天ちゃん、足を痛めちゃったので他のコに変更をお願いしたくて…

どのコがいいですか~?

前に候補に上がってたキングファルコンJINを勧めてくれました。

そうだ!JINの存在を忘れていたよ。JINも乗りやすいんだよね~大人しいし。

というわけで今回の初級馬場はJIN、きみにきめた!

JIN

JINはお口がゆるゆるで、しかもなんかプルプル動かしてて…どういうイミなんだろう??

かわいいけどさ!

JINはめちゃくちゃ良い子なので、馬房から出すときも扉を開けたら水を飲むのをやめて(←ここがエライ!!)こっち向いて無口を付け終わるまでじっとしててくれました。

しかも馬房からもスッと出てくれる。神か…。

もちろん頭絡も、頭絡の上からの無口もめっちゃくちゃ手間取ってたのにずっとじっとしててくれました。

無口のサイズが小さくて頭に通せなかったんだよね…見かねた先生が無口のベルトを伸ばして大きくしてくれました。

初級馬場

と、とうとうレッスン名から”ベーシック”が消えた!!いよいよ初級馬場レッスンです。

クレインでは騎乗者レベルに合わせてレッスンが分かれています。

ベーシックCが超初心者向けで、そこからベーシックB→ベーシックA→ベーシック馬場→ベーシック駈歩Bとレベルアップしていきます。(ベーシック馬場と駈歩Bは並行できる)

んでベーシック馬場の次が初級馬場です。

ベーシックとは、初心者向け、基本的な、みたいな意味なのでついにベーシックが消えてわたしも初心者を名乗れなくなってきた!

レッスン開始

今回は4人部班だったかな?5人だったかも?

まあとりあえずなんか違う。内ラチがないとかそういうんじゃなくて、雰囲気が違う!

今までだったら全員が揃って、馬装点検して、ヨシ!ってなってから先生の「全体すすめ~」の号令で自由常歩してたけど

今回は、なんかみんななんとなくできたらもう馬を歩かせてる。

え、どうしたらいいの~??と混乱気味にわたしも進めて馬場に入ってくる馬とこんにちは…してしまいました。

馬の首を内に向けたまままっすぐ歩く

昨日先生に何ていうのか聞いたのに忘れちゃった…内向け?内首?なんかコワイ名称やな~って思った記憶があるのでウチクビかもしれない…。あ、クビウチかな?

まあ、呼び方はまた聞いておくとして!馬の首を内側に向けたまま歩くっていうのをしましたJINがやってくれました。

わたしは…よくわからなくて首を内側に向けるのだけしました。まっすぐ歩いてくれたのは完全にJINが空気読んだとしか思えない笑

043-uchikubi

速歩(はやあし)

その後、速歩!なんですが、JINはすぐに速歩してくれました。よかった~速歩出なくてもたつくとか、ほんとベーシックAで卒業したいのに今だにあるからね…わたし…。

しかし、前の馬との距離が結構開いていてスピード調整がよくわからない。追いつかせようと早めに走るJINにそのまま走ってもらってました。

メンバー
JIN最初の3歩くらい駈歩(かけあし)出てたよ笑

 

後でメンバーさんから聞いて知ったんですが、駈歩出てたみたいです…そんなに追ったつもりはないんだけどなーと思ったらどうやらムチが無意識に当たっていたらしい。

普通の駈歩のテンポを忘れてて、JINが駈歩してたのに気づけませんでした。(いつも常歩と速歩と混ざったみたいなテンポの馬に乗ってるのでw)

ムチの持ち方

以前からムチの持ち方についてはよくわからなくて今までにも先生に何度も質問してるわたしですが、今回はなんとムチが無意識にJINのお尻をさわさわしてたみたいです。

taduna-mochikata

この図も鵜呑みしないでくださいね!もしかしたらわたしとJINに合わせたアドバイスなのかもしれないし。

ムチが見えるだけで反応しちゃう馬だと、また違う持ち方になるのかも。

イラストでは単鞭みたいになってますが長鞭使ってました。

部班の先頭が決まってない!

先生
初級馬場では特に先頭は決まってません!前が空いて不安な方はショートカットして前の馬の後ろについてもらっていいですよ

 

でた!ショートカット!!

内ラチ(内側の柵)のない馬場で過去に内側に入られすぎてついには真ん中でのらりくらりと馬がウロウロして、とうとう馬から降ろされちゃったトラウマが蘇ります…笑

ちなみにその時乗ってたお馬さんはわたしの後ろの方が乗りこなしていました。わたしもいつかあのくらい駿を乗りこなせるようになるぞ!

走るのが遅いと有名なJINは前との距離が結構空いていて、初めての馬場で不安だったわたしは前に馬がいてくれたほうが(ついていくだけでいいから)安心!とばかりにショートカットさせてもらいました。ガッツリと。

この後ずっと戻らなくなってまた真ん中で洗濯機のゴミみたいになったらどうしよー!ってドキドキしたけど、JINはちゃんと元の蹄跡(テイセキ)に戻ってくれました。ヨカッタ。専用馬取ってて良かった。本当に。

手前変換

そしてラチもなにもないところでの手前変換!

手前変換

この図ではラチ(黒い線で書いてあるのがラチ)があるけど、今回はラチなしです。

でもこれはJINが前の馬について行ってくれたので特に問題なくできました。

JINのイヤイヤ

優秀なJINでしたが途中ムチが当たっていたり、手綱を張ったりした時に何度かイヤイヤをされました。

先生
手綱を急に短くすると馬が「またレッスンするのかー」と察してしまって内に入ってきたり反抗したりしてきます

馬に気づかれないように、細かく分けて徐々に手綱を短くしていってください

 

なるほどなー!

たしかにいつも手綱を張ると急に内に入ろうとしてた!ピースとか!!笑

正反動の時の足

もう最初だからか発見がいっぱいすぎて…書ききれない!

でもこれは書きたい。

正反動の時、わたしは馬にどしーんと座ってたんですがそうするとカカトが上がっちゃうんですよね。

先生
うめださん、もっとカカト下げて!

 

正反動の時にカカトを下げようとするとどしーんと座ってられないのです。

なんというか…馬の上で立ってしまいそうになる。立ったらダメだろうから、鐙とお尻の体重配分が難しい感じなんですが

そういや以前にもそんな事言われたような…お尻半分、足半分に体重をかけるとかなんとか…。

この辺は次回から意識していきたいです。駈歩にも関係ありそうだし!

レッスンが終わって…

初級馬場が終わればもうこの後はレッスンがないので、みんな手入れして厩舎へ戻します。

今回のJINはブラッシングも大人しくて、タオルで拭き拭きするのはやっぱり好きなのか面白い顔ずっとしてました。

脚の脇のとことお尻(しっぽで隠れてるとこ)拭いた時が最高に変顔でした。写真撮りたい…。

お隣に駿ちゃん、お向かいにナイト。

メンバーさんとお喋りしながら手入れしました。楽しい~!

帰り際にお馬さんのおやつの試食をさせてもらいました。

あ!写真取らせてもらったらよかった~ひまわりがニッコリした形のクッキーが可愛かったのです。

お味は…ウエハースの外側の味のない部分の味!!あずき1粒くらいの欠片をもらったのに、口の中の水分全部持ってかれました笑

メンバー
こんな味なのに美味しそうに食べてくれる馬はえらいね~

 

たしかにw

次の乗馬日記はこちら

[乗馬56鞍目]手の焼ける駈歩

2016.10.02
★乗馬に興味を持った方はホーストレッキング・外乗はネットでも予約できますので、チェックしてみてくださいね。

043-uchikubi