賃貸の床DIY用フローリングタイル、フロアタイル調べ

2018-03-18_21h40_27

賃貸の床の柄が気に入らなかったり、汚してしまうのが気になるので

引っ越しついでに床にフローリングシートを敷いてしまおうかと考えています。

この記事はその下調べ用の記事です。どなたかの参考になれば!!

参考に2018年3月18日時点での価格を記載しています。購入の際は価格の変動にご注意ください!

置くだけタイプ

設置が簡単そうな置くだけタイプです。

フローリングタイル デコセルフ

約1畳(10枚)税込 7,538円

厚さ 5mm

184×950mm

木目リアルでエンボス加工してある。クッション性があって音軽減してくれるのがいいかも。

今の所一番のお気に入り!

フロアタイル アンティーク ブルックリンスタイル

約1畳(12枚)税込 7,182円

厚さ4mm

152x914mm

木目はリアルでエンボス加工もしてあっていい感じ。

はめ込み式

ズレや隙間が無く設置できそうなはめ込みタイプです。

デコリカクリック

約1畳(15枚)税込 7,980円

厚さ4.5mm

約145x908mm

 

クリックオン

約1畳(12枚)税込 6,631 円

厚さ4mm

約150mm×936mm

賃貸向けの床材を選ぶポイント

賃貸で床のDIYとなると、元通りに戻せる事を考えておかないといけません。

だから接着剤不要のものを探しました。

安いのはクッションフロアなんだけど、クッションフロアは接着しないといけないから…

まあ綺麗にはがせる両面テープとか使ったら、いけるかも?しれないけど、広い面積のテープを剥がすのは大変そうだ。

というわけで、わたしは接着不要の床材を推します!

クッションフロア

ちなみにクッションフロアはこんな感じのものです。見た目はフロアマットと似てますね!ロール式なので一気に広い面を貼れるのも楽かも。

下地を気にしなくていいのなら選択に入れるのもアリですね!

2018-03-18_21h40_27