[乗馬95~98鞍目]駈歩と久しぶりの馬場レッスン

響

前回馬に踏まれた足も痛みはすっかりなくなってきました。

95鞍目 ベーシック駈歩B

またまた駈歩のレッスン。相方はマロンです。

マロン

眠そうなマロン

前にマロンに乗ったのいつだったかなー乗った事あると思うんだけど…と過去記事を見てみたら

なんと1鞍目がマロンでした!94鞍ぶり!笑

そういやあの時も「揺れが大きい」って言われてたなーと思い出しました。

駈歩(かけあし)はもちろん速歩(はやあし)でさえ縦揺れが大きくて飛ばされそうになりました。

眠そうな顔してたのにやってくれるぜー(ノ∀`)

96鞍目 駈歩特別

夜の駈歩レッスンです。相方はすぐ走るウィズB

ウィズB

この時間のレッスンは前半が初級馬場と合同レッスンで後半に駈歩レッスンになります。

ウィズBはすぐ走るけど歩度(スピード)がなかなか伸ばせなくて苦労しました。

駈歩はいい感じでしたよ~!スイスイ走ってくれます。

でもわたしのバランスが崩れるとすぐ歩くので、練習になりました。

だんだん走れる時間が伸びてきて楽しくなってきました♪

97鞍目 駈歩(マンツーマン)

またまたマンツーマンでレッスンです。

今回の相方は

嵐

前回の駈歩レッスンでも最初タイミングが合わせづらかったんだけど、今回もそうでした。

すごいお尻がポンポンする~って思ってたんですが、これはわたしがタイミング取れてないだけで

嵐のリズムに乗れた途端、しっかりとした駈歩をしてくれました。

今までの駈歩と違う感じの駈歩が継続できた!

嵐は2回目の騎乗ですが、前回では味わえなかったしっかりした駈歩をしてくれました。

以前に「後ろにもたれかかるイメージで」と先生に教わり、駈歩の随伴ができるようになってきたのですが

今回は全く逆のことを言われました。

先生
もう少し重心を前にして前のめりぎみに、足で馬体を掴んで鐙をしっかり踏んでみてください!

今度は前のめりー!?

最初は揺れを吸収できずにいて、今駈歩なのか?速歩なのか?わからないくらいポンポンとお尻をバウンドさせてしまってたのですが

何かの拍子に偶然タイミングが合ったのか「あ!この感じか~!」というのがあって

そこからは嵐もビュンビュン走ってくれるんです。

今までの駈歩とは違って、今までのわたしだったら吹っ飛ばされてるレベルの駈歩!

でも足で馬体を掴むと自然と鐙に体重がかかって、鐙もズレないし体も安定して振り落とされそうな不安もなくなり

むしろ「すごい勢いで走ってるのについて行けてる!?」とビックリしてしまいました。

うわー!この感じで次回も駈歩できたらいいのに!

また次回の駈歩レッスンが楽しみになってきました。でも次の予約は駈歩特別だからあんまり走れないかな~(前半が馬場レッスンなので)

98鞍目 ベーシック馬場

この日は、めっちゃめちゃ久しぶりに馬場レッスンに参加してきました!

相方はです!

響

もうすっかり忘れてたけど、以前駈歩レッスンでロデオのようにピョンコピョンコ跳ねられた馬でした。

跳ねるからという理由で、ムチも短鞭に持ち替えてチャレンジです。

速歩で渋滞

響は足が速いらしく、すぐ前の馬に追いついちゃうんですよね。

でもそうかと思うと急にピタっと止まったりする。

そこで鞭を入れるとピョン!と跳ねたりするんだけど、この時は跳ねなかったです。ヨカッタ。

渋滞回避→外ラチ沿いを走らせる

足が速くて追いついちゃうなら外ラチ側を走らせてなるべく走行距離を長くしようという作戦です。

ただわたしは外ラチ沿いを走らせるのは苦手なんですよ…できるかなぁ?でもこれも練習しないとなー

そんな感じでこっそり誘導してたんですが、意外にもアッサリと外ラチ沿いを走ってくれました。

え?なにこれわたし上達してるの!?

ちょっと嬉しくなりましたよ♪

響

繋いでる鎖をカジカジするのがクセ

最初は止まったり歩いたりしていた響もレッスンが終わる頃にはちゃんとしっかりと走ってくれるし誘導どおり動いてくれるしで

久々の馬場レッスンも楽しかったです!

蕁麻疹の出る時と出ない時

そういやわたし、乗馬すると蕁麻疹が出てたんです。

最初は毎回必ず、首と腕に出てたんですが最近でなくなってきたんですよねー

でも98鞍目の馬場レッスンの後、少し腕に蕁麻疹が出ました。

この蕁麻疹の原因は何なんだろう?とずっと気になっています。

馬アレルギーなら毎回でるはずだし…砂かなぁ?干し草かなぁ?

原因がわかればいいんですが…。

次の乗馬日記はこちら

[乗馬99~100鞍目]ついに100鞍!先生の言った事、当たってたネ

2017.09.03
★乗馬に興味を持った方はホーストレッキング・外乗はネットでも予約できますので、チェックしてみてくださいね。